新しい家を建てるに関するあれこれ

自分の考える理想の家を建てたい。

社会に出て一端に働き、結婚して子供が産まれ良くあるテレビCMのストーリーになります。
展示会へ足を運んで、色々なメーカーの住宅を見て回るけれど、デザイン的な事、家具や調度品の事、資金的な準備や税金や維持費の問題がグルグルと頭の中を回り、一歩が踏み出せないでいます。

もう少し身近な例えをするなら、車の購入に近い感覚です。

オプションはどうするのか、基本の装備や色はどうするか。多種多様な選択肢が会ってどれを優先していいかわからないでいます。

最近では光熱費を如何に抑えるかを盛んにアピールしています。例えば太陽光発電・売電での収入等がそれで、オール電化を通じて異業種(家電量販店)から住宅産業へ参入する会社も出てきました。

変な話ですが、電動自転車を自転車屋さんで選ぶか、家電量販店で選ぶか悩みました。つまり、カテゴライズするのが難しくなって来ている様に思います。

私が住んでいる住宅は築20年になるので、装備品が老朽化してきています。メンテナンスコストもそれなりにかかってきます。先々の事を考えると頭が痛いですが、やはり新しい家にしたいと思っています。

現在の家造りの技術はそうした心配が無く、尚且つ、20年前より家の作りが綺麗になっているし、理にかなった構造になっています。

やはり、震災の影響も否定できません。耐震に関する考え方が大きく変わってきています。様々な教訓を活かして住宅は進化してきていると感じます。

以前からテレビのコマーシャルとか新聞や雑誌の広告でよく、断熱性や断熱効果などの話を耳にしていました。
一般的に断熱性の良い家と聞くとあまり寒くない家、熱を逃がさない家といったイメージを持ちやすいと思いますが、いろいろ調べていくうちにあることに気が付きました。
断熱材などを使って建てた家はあまりカビが生えないということです。
外と中との温度差で結露ができて、その結露が原因となってカビがはえてきちゃう経験をしてる人は多くいると思いますが、うちもまさにその通りで、長い期間動かしてなかった家具を移動させると必ずカビが生えていたのです。
でも断熱性が良い家だと結露ができないからカビがはえにくいみたいです。
聞いた時にはなるほどと驚きました。
冬になると毎日窓にできてしまう結露との戦いでいっぱい悩みましたけど、その悩みから解放される方法は「断熱」だったのです。
断熱シーツ、断熱壁紙もあると聞いたのでまた調べて検討してみたいと思います。

大きな買い物だけに、慎重に先を見据えた買い物として、じっくり検討したいものです。

<特別サポート>
生命保険の口コミ.COM|JALカード|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|超SEO対策|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|英語上達の秘訣|GetMoney|英語上達の秘訣|内職|ページランク ランキング|健康マニアによる無病ライフ|FXシストレ|