はじめての一人暮らし

初めて一人暮らしをした家は、マンションのようなアパートのような、そんな感じの建物で、5階建ての1番下の階に私は住みました。
1番下の階というのは避けた方がいいなんて言われていますが、その建物の場合、ロの字型になっていて、隣の建物と、私が住んでいた部屋の壁とはくっついていたので、私が住む部屋に関しては、道路に面していなかったので、泥棒が入ってくるということはありませんでした。

しかし、この家の問題点は、私が家を見に行った時にも気付かなかったのですが、ロの字型になっているので、昼間でもあまり光が当たらないということです。
平日は仕事をしていたので、そんなことはどうでもよかったのですが、週末の休みに昼間も電気をつけないといけないほど暗かったので、気分が悪くなりました。

この家に住んで気付いたのは、光の重要性です。
建物も古かったので、バスルームもあまり清潔ではなかったので、一人暮らし1軒目の家は勉強になりました。